TOP‎ > ‎

1.やまたみの活動

やまたみの活動紹介


 当法人は、信州の豊かな自然や歴史といった地域資源を再認識し、自然の保全についても考えます。
 自然を求めて信州へ訪れる人々との交流を通じて自然の素晴らしさ・美しさ・不思議だけではなく、自然と人間とのかかわりについても一緒に考えます。


特定非営利活動の種類

(1) 社会教育の促進を図る活動
(2) 環境の保全を図る活動
(3) 経済活動の活性化を図る活動
(4) 子供の健全育成を図る活動 

特定非営利活動に係る事業

① 地域・行政・施設・管理団体・環境保全団体等との交流・連携
② インタープリター・指導員・ガイドの人材育成・研修
③ 自然観察会・トレッキングツアー・シンポジウム等のイベンント事業
④ ガイドの派遣事業
⑤ 山岳環境の整備・保全活動・環境学習・啓発・野生生物の調査研究
⑥ トレッキング及び自然観察会等の際に必要な自主事業

やまたみへ入会を希望


 当法人は、定款に掲げる目的を達成する為、様々な活動を行っています。
定款をお読み頂き、ご納得いただいた方、活動にご協力頂ける方、賛同して頂ける方の入会を随時受け付けています。


定款 第2章
(目的)
第3条 この法人は、長野県の山岳地帯の自然・歴史といった地域資源を再認識し、自然の保全と持続的利用を図り、自然を求め訪れる人々との交流を通じて地域の活性化、観光振興に寄与する。また、国内有数の山岳地帯の厳しく、かつ豊かな自然から、人間と自然とが共存すべき機能を理解するとともに、自然のあり方を考え、環境問題への意識を啓発することを目的とする。(定款より抜粋)

※やまたみの定款全文はこちらをご覧下さい。teikan.pdf

会員の種別


・正会員(個人のみ) 総会における議決権を持ちます。 (入会金10,000円/年会費7,000円/寄附金3,000円)
・賛助会員(個人・団体・法人) 総会における議決権を持ちません。 (【個人】年会費5,000円/【団体・法人】10,000円)

入会方法

入会をご希望・お考えの方につきまして、定款をよくお読み下さいますようお願します。teikan.pdf

その上で、必要書類をご用意頂き、事務局迄送付して下さい。書類到着後、こちらよりご連絡差し上げます。一度、面談のアポイントメントをとらせて頂き、当方事務局へお越し頂きます。
面談では、当会の活動や仕組み等ご説明させて頂き、その後、正式な入会手続きとなります。

【送付先】
認定特定非営利活動法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ事務局 入会受付迄
〒390-0304 長野県松本市大村1082-4
TEL:0263-34-1543/FAX:0263-55-6194
E-mail:info@yamatami.com

やまたみへ寄附する


 2005年4月に発足した当協会は、2015年8月12日に、『認定NPO法人』を取得することが出来ました。認定NPO法人になるには、公益性が高く、組織や活動が適正であるか、情報公開が適正であるかなどの、厳しい認定基準があります。長野県内で認定NPO法人を取得した団体はまだ数える程です。
 このような厳しい条件の中取得した認定NPO法人になったことで、寄附をして頂いた方は税制優遇され、より当協会の活動にご協力頂きやすい環境となりました。
 今後もさらに有意義な活動を行う為、多くの個人及び企業(法人)の皆様から格別なご支援ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


寄附の方法

【寄附金額】
1口3,000円~
※領収書送付の手続き上、お名前・ご住所(必須)、お電話番号(任意)をお知らせ下さい。
 こちらの確認が出来ない場合、税制優遇を受けられない可能性がございます。

【支払方法】
銀行振込 指定口座へお振り込み下さい。
※お振込手数料は支払者様のご負担にてお願いします。

・八十二銀行 浅間温泉支店 普通 262257 NPO法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ 事務局 石塚聡実
・ゆうちょ銀行 記号11140 番号14717661 特定非営利活動法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ
 (ゆうちょ銀行以外からのお振り込み) 一一八支店 普通 1471766 特定非営利活動法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ
・郵便振替 00530-5-85149
・ジャパンネット銀行 すずめ支店 普通 2035256 特定非営利活動法人信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ

現金書留 お名前・ご住所、お電話番号を必ず明記の上お送り下さい。

【税制上の優遇】
個人の方が認定・仮認定NPO法人に寄付した場合
●寄付金控除が受けられます
(寄付金額-2,000円)×50%※1=減税
※1所得税40%、地方税10%(松本市の場合、県民税4%+市民税6%)、合計最大50%
※控除対象の範囲は寄付者住所の条例によりますので、お住まいの各自治体にお問い合わせ下さい。

【1】 所得税から控除
〈税額控除方式〉
(寄付金額-2,000円)×所得税40%=所得税から控除される
〈所得控除方式〉
(寄付金額-2,000円)×所得税率=所得税から控除される
※確定申告をする際、寄付金控除額の算出には〈税額控除方式〉と〈所得控除方式〉のどちらか有利な方を選択する事が出来ます。
※所得税率が高い高額所得者が多額の寄付をする場合などは〈所得控除方式〉がより多くの金額が控除されます。

【2】 地方税から控除
(寄付金額-2,000円)×地方税10%※2=住民税から控除される
※2松本市の場合、県民税4%+市民税6%


法人の方が認定・仮認定NPO法人に寄付した場合
●損金算入限度額の枠が拡大されます
一般の寄付金の損金算入限度額に加え、別枠で損金算入することが出来ます。損金算入分は法人税・地方税が課税されません。
(資本金等の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2
※2011年11月に成立した税制改正法案により、認定NPO法人向け特別枠が拡充されました。

相続人の方が認定NPO法人に寄付した場合
●寄付をした相続財産が非課税になります
例えば、1,000万円の相続財産があった場合、そのうち800万円を認定NPO法人に寄付すれば、
相続税の課税対象額は200万円になります。
※金銭の場合のみとなりますので、不動産(土地・建物)等は扱いが異なります。
遺贈や相続財産の寄付については、税理士など専門家にご相談下さい。

Ċ
teikan.pdf
(162k)
信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ,
2017/01/17 22:26